住宅ローン相談で多い問題は?

住宅ローンの相談として多いことの1つに、どのくらいの住宅ローンを組めば生活ができるのか、ということがあります。
住宅を持つと、毎年、固定資産税がかかってきますし、火災保険や地震保険の保険料もアップすることになります。
マンションなら管理費や修繕積立金も支払わなければなりません。
返済額は家賃と同じぐらいの金額でも、これらの支出を含めると家賃並みの負担では済まない状況になってきます。
さらに、子供の教育費や老後資金など、将来に向けて貯蓄もしなければなりません。
専業主婦家庭は少なくとも年間50万円、共働きなら年間100万円前後の貯蓄を目標にして、毎月の返済に回せるのはいくらまでか、ということを常に考えておくことがとても重要になってきます。
ローン以外の住居費も計算に入れておき、それでも貯蓄できるぐらいの返済額にしておく、ということがポイントになってきます。
このことを理解できていれば、安心した生活を送っていくことができます。