フラット35比較でわかった固定金利のデメリットとは?

フラット35は民間の銀行の住宅ローンなどと比較すると、どのようなところにデメリットがあるのでしょうか。
フラット35は、35年固定金利と決まっていますので、他の民間の銀行の住宅ローンよりも金利が高くなっているということがあるでしょう。
選ぶ選択肢が少ないですので、金利をできるだけ低くしたいと考えても35年固定でなければならないと決まりがありますので、途中で変えられないということになるのではないでしょうか。
また、フラット35の申し込みをすると、借り入れまでに時間がかかることがありますので、自分の思っているように事が運ばないことがあるかもしれません。
また、限度額の上限が8.000万円までと決まっているのでそれ以上は別に借り入れしなければならないようです。
フラット35の最安金利の銀行は?