フラット35金利と手数料はいくら?

長期固定金利のフラット35の融資を受けるためには、購入する住宅は適合検査機関の検査を受けて適合証明書を発行してもらう必要があります。
フラット35のサイトによりますと、検査の手数料に一定の価格設定は無く、建設される地域や一戸建てか共同時住宅かによっても変わると説明しています。
同サイトでは一戸建ての平均的な手数料の目安は、新築住宅の場合で2万円から3万円、中古住宅の場合は4万円から6万円程度という数字をあげています。
しかし、ネットで調べてみますと、東京に本社があり大阪に本店を置く某住宅コンサルティング会社のサイトの場合「中古一戸建住宅診断:60,000円、適合証明書発行手数料:20,000円、消費税:6,400円で合計86,400円」と記載されていました。
実際には住宅金融支援機構も手数料の正確な数字は把握できていないようです。
フラット35の審査は甘い?審査基準はどう?【通りやすい銀行!】